カラコンのポイントはサイズ!

コラコンを利用して、目元を盛る場合には、まずはサイズがポイントとなります。サイズというとDIY(直径)を考える人もいますが、大事なのはDIYではなく着色されている部分の直径となります。着色されている分部尾直径がどのくらいあるのかで大きく印象を変えることになりますからまずは着色部分の直径を確認しましょう。

一般的に盛れるカラコンというと着色されている部分の直径が15.0mm以上のものとなりますが、中には16.0mm以上ものもあり、これはかなり盛ることができるということで好む人も少なくありません。

ポイントとなるのは着色されている部分の直径となりますが、大きければ大きいほどよいというのはまた違った話になります。例えばもともとがあまり大きな瞳ではないという人がいきなり大きなサイズのものを使用してしまうとこれまでとは全く違った印象の目元になるといってもかなりの違和感になりますから自分の目にあっているサイズのものであるということも大切なことになります。

ポイントとしては、1対2対1の比率となります。これは白目と黒目の黄金比率と呼ばれているものとなり、この比率は目元をきれいに見せることができる比率となりますから自分の瞳のサイズに合わせてこの比率を守るようにするとより自然で印象的な目元を作ることができます。